細かな知識

意外と知らないドアノブについて

私たちの日常で、1日の内に何度も利用するドアノブは、昔は必ず丸いものが使われていたのです。おしゃれな雑貨屋さんや飲食店などでは、ドアノブもおしゃれなデザイン性あふれるものが使われたりしていますが、昭和50年代後半あたりから、高齢の人や子供でも扱いやすいレバーのドアノブが、多く出回るようになってきたようです。日本では、畳の文化だったこともあり、歴史も浅いことから、まだまだシンプルなものが多いドアノブですが、海外では実にたくさんの種類のドアノブが販売されています。ドアノブに模様が施されていたり、ドアノブ自体の形が魚や動物だったりと、ユニークなものが多く、部屋のインテリアに圧倒的な存在感を出しています。

ドアノブが壊れてしまったら

毎日使うドアノブだからこそ、ドアノブの調子が悪く、回すと空回りしたり、回らなかったりすると、とても不便を感じるものです。そうした場合に、ドアノブ修理をどこへ依頼して、どれくらいのドアノブ修理費用が必要になってくるのか心配ですが、最近では24時間電話で相談可能で、ドアノブ修理の見積もりを無料でしてくれるところが存在しているのです。提示したドアノブ修理金額に納得できた場合のみ、修理開始となり、金額に納得できない場合には、キャンセルすることも可能で、その場合でも費用はかかることはないのです。最近では、高齢の一人暮らしが増えているため、こうしたサービスは非常に人気があり、今後ますます需要が高まることが予測されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加